日本人の「城の築き方」がなぜチベット周辺に酷似?―― 摩訶不思議な現象を「縄文人」DNA研究と突き合わせれば…

………………………。
やみくもな民放TVの「統一教会」批判は、
早くも左翼勢力が着手した <山上容疑者を死刑にさせない
・実刑にもさせない運動> の一環なのでしょうが……





視聴者の目から見れば、こんな
悪らつな教団に祝辞を送ったり、投票をたのんだりした政治家は
<< 死んでも しょうがないでしょ >>
との印象操作を、番組をあげて大合唱!…しているように、見えます。



 
――― こう申し上げるのは、世界の歴史において
「政治的テロはやったもの勝ち」
といった結末が、決して少なくはない、
からで。

◆ トロツキー暗殺の実行犯ラモン・メルカデル(スペイン共産党員)は、死刑の無い国メキシコで刑期を満了させ、念願のソ連に入国してレーニン勲章を受けた。/ ◆ ガンジー暗殺の実行犯ナトラム・ヴィナヤック・ゴドセは、絞首刑になったものの、関係がウワサされた民族主義団体が2014年になって、モディ首相に胸像の設置をすすめた。

◆ 伊藤博文暗殺の実行犯・安重根(あん じゅうこん)は、絞首刑になったが、2014年、韓国政府の依頼で、暗殺現場のチャイナ(中国)・ハルビン駅に安重根記念館がオープン。/ ◆ 豪腕の“平民宰相”原敬(はら たかし)を暗殺した国鉄職員の中岡艮一(こんいち)は、異例のスピード裁判で無期懲役になり、しかも3回の恩赦と減刑で13年後には出獄し、昭和55年まで一般社会で寿命をまっとうした。

◆ キング牧師を暗殺した、脱獄囚で実行犯のジェームズ・アール・レイは、国外逃亡の末につかまり、禁固99年の刑に。その30年目に刑務所内で病死した。/ ◆ エジプトのサダト大統領を暗殺した軍人ハリド・イスランブリは、銃殺刑になったものの、対立するイスラム主義国のイランでは切手のデザインになった。
 
したがって、山上徹也容疑者がこの先、どうなるのか? 日本はどうするのか?(→「社会的影響の大きさ」が「刑の重さ」につながるのが今の日本の裁判ですが)どんな結論になるのか、「世界」や「周辺国」が沈黙のうちに注視しているのは、間違いありません。

(撃たれる2分半前の状況)

【!!… 追記。ついに、そんな民放TV番組の「悪」影響が?】
山上容疑者の“減刑”を求める署名活動「宗教と政治の問題を有耶無耶にしないで」発起人の思い

なんと、なんと、山上容疑者の減刑を求めるオンライン署名が出て来たそうで、署名を立ち上げた「斉藤恵」さんは、自身も容疑者と同じ宗教2世だと主張しているそうですが、私は「斉藤恵」さんという方が、実在する、現実の人だとは、とうてい、思えません。
 
ネット上には、こんなモノもあるようで、このとおりなら、安倍政権は霊感商法が激減した中で二次政権を運営していたわけでしょう。

 
また「霊感商法」教団のその後、と言えば、「最高ですか」で知られた「法の華三法行」の福永法源を描いた映画『塀の中の神様』は、あの高橋伴明監督や豪華な出演陣、しかも福永本人もドキュメンタリーパートで出演して、2016年に公開されましたし、

 
その教団を““名称変更しつつ””中核部分を受け継いだ「慈喜徳会(じきとくかい)」は、いまも大勢の信者を集めているようですし、こういう状況を、今さら「反社だ」「カルトだ」と騒(さわ)ぐのは、別の政治的な「思惑」があるとしか思えません。

 
―――― 今になって旧統一教会と自民党安倍派との関係だけをあげつらい、「国葬」を決めた岸田総理を心理的に追い詰めよう、との左翼勢力のやり口は、事実無根や針小棒大も「さわげば効果がある」モリカケ同然でしょう。
 
では何故、いまだに左翼は必死なのか? それは安倍元総理の「国葬」が、おそらくは人類史上最大級の、参列したい世界の歴代首脳が集まる盛大な葬儀 = きっと我が国の歴史にも刻まれる「民主主義」結集の一大イベントになる可能性が、言われ始めたからでしょう。
 
→ → それを阻止する指令が、チャイナあたりから来たのではありませんか。 習近平が、そんな国際映像を、チャイナ国民に見せたくない焦(あせ)り、ですか……

※           ※           ※
※           ※           ※
※           ※           ※

すべての日本人が驚き、
チャイナ(中国)人のアイデンティティが根底からひっくり返る!?

→ → 衝撃的な推理をもたらす、アジア人のDNA(Y染色体)分析結果。

 

 
 
< 日本人の「城の築き方」がなぜチベット周辺に酷似?――
  摩訶不思議な現象を「縄文人」DNA研究と突き合わせれば… >

 
 
 
さてさて、当ブログでは、これまで再三再四にわたり、日本とヒマラヤ・チベット周辺国との「城の築き方の酷似」について(※その最初は建築家の神谷武夫先生のサイト「インド・ヒマラヤ建築紀行」に触発されつつ)取り上げてまいりました。

【第198回】いわゆる「唐造り」は本来、意匠なのか? 防御装置なのか?

【第218回】幻の石山本願寺城から ブータンの要塞寺院「ゾン」へ

【第286回】チベット高層礼拝堂「クンブム」の眼からウロコの刺激的な容姿

【第342回】何のための「多層」建築か?……チベットが教えてくれる本質的な答え

といった形の他にも度々、取り上げて来たものの、それぞれの「酷似」現象については、不思議だ。不思議だ。と思うばかりで、その原因や関連性の道筋などは、なんの手がかりも得られませんでした。

ところが最近、あるyoutube動画を見かけたところ、ありゃりゃりゃ?… と驚きの発見をしまして、それは前回記事の「チャイナ(中国)」云々とも関係の深い「発見」でしたので、今回はひとまず、その件をご報告させていただこうかと思うのです。
 

【 話の前提となる、日本とチベット周辺の「城の築き方の酷似」とは 】
 
例えば【事例1】 コトカイ城 Kotkhai Fort/Kotkhai Palace

インド北部のヒマラヤ山脈(ヒマーチャル・プラデーシュ州)で12世紀に始まったコトカイの町は、カルタル・シン Kartar Singh の一族が5代にわたって統治した地で、丘の上に城(宮殿)があり、コットは王宮、カイは深さを意味し、コトカイとは「奥深くに位置する王宮」の意味だとか。

城の構造は、神谷先生によれば「城郭全体は 細長い中庭を囲む広大な建物が3層の石造壁の上に載っている」そうで、内部は計6階建て。 石造壁の上に木造部分を載せて「外敵」から防御した、チベット周辺の伝統的な建て方です。 城の最も古い部分は約600年前のもので、主要な扉は10インチの厚さがあり、古いコインを貼り付けて強化している、のだとか。…

↓           ↓           ↓

<< 酷似!>> これは当然ながら、日本の城郭ファンは「飛騨高山城の本丸」を連想せずにはいられないものであり、築城の発想が同じ、と言わざるをえないでしょう。

 

【事例2】 カネッティ・デオリ城 Khaneti Deori Durbar

写真はコトカイ城を築いたラナサハブ王が、至近のカネッティに建てたもう一つの城(宮殿)であり、ほとんど同じ構造ながらも、この写真では塔部の最上階が日本の「唐造り」と同様だということが明快ですし、しかもここは、上から二重目に「出窓の張り出し」まで設けてあります。

↓           ↓           ↓

<< 酷似!>> こんな姿には、唐造り(南蛮造り)の高松城天守や小倉城天守を連想してしまいますし、私なんぞは、解体調査で判明した石川康長時代の松本城天守の張り出し(※慶長18年当時を推定した天守画イラスト)を想わざるをえません。



 

【事例3】 シェガー・ゾン Shegar dzong

築城の酷似は、決して建物だけでなく、山城のどの範囲を「城域」として防御するか、といった感覚にも及んでいて、(※過去のブログ記事ではネパールの事例と間違ってご紹介しました)チャイナ・チベット自治区のシェガー・ゾン(→ 水晶の要塞寺院という意味/別名クリスタル・フォート)は、チベット仏教ゲルク派の修道院を守ったゾン(要塞寺院)であり、山頂から中腹までの山の片面を城壁で防御しました。

↓           ↓           ↓

<< 酷似!>> ご覧の松山城(『松山城下図屏風』)も、山の片側斜面を走る「登り石垣」で山頂の本丸から山麓中段の二之丸までを囲みつつ、その下に三之丸を配置した構造であり、これはシェガー・ゾンにそっくりだと申せましょう。

また、シェガー・ゾンの修道院の入口の一つは、外壁が頑丈で荒々しくても、入口周辺がすでに内部の華麗さをただよわせていて、どこか豊臣秀吉の「見せる城」や徳川の二条城などの豪華な「玄関」を想わせます。

↓           ↓           ↓

例えば伏見の御香宮神社の拝殿は、寛永2年に徳川頼宣の寄進で再建された社寺建築ですが、唐破風の奥に極彩色の彫刻があり、「見せる城」の華麗さを彷彿(ほうふつ)とさせるものです。

 
……… とまぁ、かくのごとく、日本人の「城の築き方」が、ヒマラヤ・チベット周辺国の城砦に色々と似ていたことに対して、その理由や原因がまるで思い当たらず、不思議で不思議で、しょうがなかったわけですが―――
 

そんな中で、冒頭で申し上げた、最近ふと見かけたyoutubeというのは、茂木誠さんの「教科書には無いDNA解析で分かった古代日本人の起源」でありまして、(※茂木さんのyoutubeを拝見したのは初めてでしたが)その中では「太古のアジアは、全域に縄文人と同じ遺伝子が拡がっていたはず」との解説があって、「縄文人」にはド素人以前の私としては、目からウロコというか、脳内に“鐘の音”が鳴り響いたような気がいたしました。

まさに、それならば「築城の感覚」がいつのまにか似て来ても、不思議ではないのかもしれませんし、様々な「酷似」の事例は、「縄文人」の祖先の時代から、我々日本人とチベット周辺の人々が、ともに脳内にたくわえて来た「防衛本能」のごとき記憶の作用だったのかも――― と。
 
 
(※※ ちなみに、そのyoutubeでも使われた、冒頭のDNA(Y染色体)分析結果の円グラフの地図は、「出典」が示されてなかったため、ネット上をチェックしますと、どうやら、サイト「崗上虜囚の備忘録」の「崗上虜囚」氏が自作したものらしく、氏は「情報の出所はウィキペディアの「日本人」からです。地図と円グラフはGMTを使って私が書きました」とも書き込みをしていて、確かにウィキペディア「日本人」には <日本人および周辺の諸民族のY染色体ハプログループの割合> の一覧表があって、これに基づいたのでしょう)

他の外国人の方の自作図も、ウィキペディア「ハプログループD(Y染色体)」に。

(※※「ハプログループ」とは、良く似たDNA配列の集団のことであり、これをミトコンドリア=女系や、Y染色体=男系に注目して調べますと、民族の由来や系統を「科学的に」特定できるため、社会的に大きな関心を集めております)
 

ことほど左様(さよう)に、近年は「縄文人」理解の大幅な見直しが進んでいて、今や「縄文人」への主な関心事は、どこからやって来たか? ではなくて、

<< 地球上のどの範囲にまで「縄文人」は広がっていたのか?? >>

という段階にまで、好事家の関心や話題は沸騰(ふっとう)中、のようなのです。
 

そして「縄文人」の名の由来の縄文土器も、実に秀逸な作品…が発掘されていて…
(※写真は東京国立博物館の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」より)

 
 
< チャイナ大陸は、その昔は、ゆるやかで温和な「縄文大陸」だった! !?
  それを日本列島とチベット高原という「東西」に分断したものは何か >
 
< DNA分析という現代の「ダーウィンの進化論」を突きつけられた
  日本人とチャイナ人のアイデンティティは、根底から、ひっくり返るか >

 
 
 
先ほど「好事家の…」と申し上げたように、現在のネット上の論議は、科学的な知見からはかなり「先走ったもの」になっている、とは思うものの、しかし「築城の酷似」の原因は何だったか? という疑問を抱えた私としては、そこに突っ込んで行かざるをえないだろう、と感じております。

そして私なんぞが真っ先に注目しますのは、次のような見方です。

(ウィキペディア「ハプログループD (Y染色体)」より)

現在、このハプログループDは、日本列島・南西諸島やアンダマン諸島、チベット高原で高頻度に観察されるほかは、アジア、アフリカの極めて限られた地域で散発的にしか見つかっていない。
チベットではD1a1-Z27276、日本ではD1a2a-M55、アンダマン諸島ではD1a2b-Y34537が高頻度である。これらのハプログループは、同じハプログループDに属していても、サブグループが異なるため、分岐してから5万3000年以上の年月を経ている。

(中略)
D系統は東アジアにおける最古層のタイプと想定できるが、一つの説として東アジア及び東南アジアにO系統が広く流入したため、島国日本や山岳チベットにのみD系統が残ったと考えられている。
 
 
ここに出て来る「O系統」とは「漢人・漢民族」に他なりませんので…
 

かの黄河文明(紀元前7000年~1600年)よりも、
はるか以前の、旧石器時代のアジアは、なんと
「縄文人」の祖先が席巻していた!?………


↓           ↓           ↓
その後に、O系統の「漢人」による侵入と駆逐があった、
と考えざるをえない状況が。

!!――― とどのつまり「チャイナ大陸」は、漢民族よりも先に、「縄文人」の直接の祖先たちが、広ーく、広ーく、住んでいたのだ……

という、驚天動地の科学的な知見が現れたようでありまして、ご覧の「漢人の侵入と駆逐」によって、どうしてこんなにズバッと鉈(なた)で断ち切るように、縄文人のY遺伝子を「東西」に分断できたか? という辺りが、これまた、スサマジイ話になりそうなのです。

篠田謙一(しのだ けんいち)著『日本人になった祖先たち』

その辺りを、国立科学博物館長の篠田先生は、ご覧の著書の中で、征服に成功した支配者層の父系DNAは、短時間で爆発的に増加する!…ことがあり、だから大陸においては(そういう理由で…)特定のY染色体ハプログループが拡大した一方で、日本では、縄文人のY染色体=D系統が多く残っていることから、縄文人と(その後に日本に流入した)弥生時代の集団は、平和のうちに共存したのだろう、との推測を語っておられます。

――― つまり、ありていに言えば、大陸では、漢人に征服された被支配層の男たちは、まったく自分の子供を作れなかった!…… のに対して、日本列島やチベット高原においては、歴史上、そんな野蛮な社会が現れたことは一度も無かった(※しかし今のチベットや新疆ウイグルはどうなのか?)ということなのでしょう。

(※※※ちなみに別の考え方として、例えば「縄文人」は、チベット高原から日本列島へ「海」を渡ってやって来た、との考え方も出て来るのかもしれませんが、それならば、どうして縄文人のY遺伝子が「渡海」ルート上の東南アジアにほとんど無いのか → そこをスルーしたのは何故? という点の説明がつきませんので、「渡海」説の矛盾はすぐに指摘できそうです)

と、ここまでの内容で、結論的に申し上げてみたいのは、日本とチベット周辺に共通した「築城の感覚」というのは、ひょっとすると、上記のごとき「漢人の侵入」に出くわした縄文人の祖先たちが、そこで会得した「防衛の感覚」だったのかもしれない――― と、大まじめに思うのですが、いかがでしょうか。


 
※           ※           ※
※           ※           ※

1912年から1951年まで独立したチベット国家の「スノーライオン旗」


話は変わりますが、この「スノーライオン旗」を見るとき、独立の1912年という年に、ダライ・ラマ13世が採り入れた「東西の共通項」に目が行かざるをえません。

 

※当サイトはリンクフリーです。
※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。